トップページホームの特徴 >住居スペース


ホームの特徴

住居スペース

お部屋の特徴

施設内に看護師・介護職員が待機しており、24時間体制で見守ります。
トイレは、車椅子対応はもちろんですが、介助しやすいスペースとなっており、プライバシーを大切に考える扉付きとなっています。

個室(一人部屋)約24.34m2 (約14.7畳)※トイレ、水周り含む

フローリング
木の温かみを活かしたつくりになっています。

サンルーム
外出が困難になった場合でも外を感じることができます。

3枚戸トイレ(2・3Fのみ)
入り口のスペースを広げることで、入居者にとっての使いやすさはもちろん、介助サポートも容易にします。

居室(夫婦部屋)約48.9m2 (約29.5畳) ※トイレ、水周り含む

広々居住スペース
広い居室間なので、夫婦でゆったり暮らせます。

ミニキッチン
居室内で簡単な調理もできます。

脱衣・洗面・トイレ
動きに余裕ができるように
1カ所にまとめました。

浴室
ゆっくりくつろげます

ゆとりある空間
趣味のあるものや、家具・仏具を置くなど、ご夫婦のライフスタイルに合わせた空間づくりが可能です。

サンルーム

備考

ナースコール
緊急の時も、安心です。

トイレセンサー
長すぎるトイレ利用などを確認します。